リンパマッサージの資格

on

リンパマッサージには国家資格はありません。
しかし、民間資格はいくつか存在します。
リンパマッサージについて学んでよりよいマッサージをしたい!という方もいれば、これを機にエステティイシャンとして働きたい!という方もいるかもしれません。
ここでは、リンパマッサージに関する資格を認定している団体や、それぞれの資格について紹介していきます。
☆日本リンパドレナージュ協会日本リンパドレナージュ協会では、リンパドレナージュマッサージの資格を認定しています。
資格の取得方法は、以下の3つの方法です。
・スクール日本リンパドレナージュ協会が運営するプロセラピスト学院で学ぶ方法です。
リンパマッサージだけでなく、マッサージ全般、エステサロンの経営などもみっちり2ヶ月間かけて学ぶことができます。
エステサロンでエスティシャンとして働きたい方、独立を目指す方にはおすすめです。
・講習会日本リンパドレナージュが開催する講習会を受講することによってリンパドレナージュマッサージの資格を取得することができます。
最短一日で資格が取得できますので、時間が限られている人も調整しやすいでしょう。
リンパマッサージについての基礎を手早く学びたい方におすすめです。
・通信教育日本リンパドレナージュが作成した教材を使って自宅でリンパマッサージについて学ぶことができます。
最短8週間のカリキュラムを修了することによって、リンパドレナージュマッサージ2級の資格を取得できます。
実技の授業も受けることができるので、知識一辺倒になることもないので安心です。
時間がない方、自分のペースで学習したい方におすすめです。
☆経絡リンパマッサージ協会経絡リンパマッサージ協会では、リンパマッサージを行うエスティシャンや、自分でリンパマッサージを行う一般の方向けのリンパマッサージの資格を認定しています。
リンパマッサージの普及を目指し、15年の歴史をもって活動しています。
「自分でできるセルフケア」を中心に以下の3つの資格を認定しているのです。
・セルフケアアドバイザーリンパマッサージについて正しい知識を持ち、自分自身でセルフケアを行うことができる資格です。
リンパマッサージに関する他人へのアドバイスも可能なレベルであるとされています。
資格を取得するには、20時間の講義を受け資格試験に合格しなければなりません。
・セルフケアインストラクターエステサロンなど、その他様々な場面でリンパマッサージのセルフケアに関する助言、指導を行うことができます。
54時間の講義を受け資格試験に合格しなければなりません。
・セルフケアマネージャーセルフケアアドバイザーの講座を開いてリンパマッサージについての講義を行うことができます。
この資格をとるにはセルフケアインストラクターの資格を取得した上で24時間の講義を受け資格試験に合格しなければなりません。

Comments