リンパマッサージの歴史

on

最近ではすっかりメジャーになったリンパマッサージですが、リンパマッサージにはどのような歴史があるのでしょうか?
日本ではあまりなじみのなかったリンパマッサージですが、ここ数年でずいぶんと認知度が上がり、取り扱っているエステサロンも増えてきています。
リンパマッサージの歴史をさかのぼると、紀元前のヨーロッパまでさかのぼることができるといわれています。
マッサージの語源は「手」を表すラテン語であるとも言われているようです。
ローマ帝国の浴場には、専門のマッサージ師までいたそうですから、これはエステサロンの原型ともいえるかもしれませんね。
紀元前にすでにマッサージを行うことによって体調を整え、健康を管理するといった民間療法が広く行われていたようです。
そんな古い起源を持つマッサージですが、本格的に医学として研究され始めたのは16世紀ごろのフランスであると言われています。
長期間寝たきりになってしまい関節や筋肉が固まってしまった患者にマッサージを施すと身体が動くようになるということに目をつけた医師がマッサージの効能を研究しました。
また、闇雲にもむのではなくリンパの流れに沿ってマッサージを行うことによってその効能がより高くなることも発見されました。
解剖学が発達してからはさらにその方法が確立され、広くヨーロッパでリンパマッサージが行われるようになったのです。
ヨーロッパでは、リンパマッサージは長い歴史を持っており、免疫力の強化や老廃物のデトックス能力の向上、体調体質の改善、さらには美容屋やダイエットへの効果も知られています。
ヨーロッパでのリンパマッサージは長い年月の間に改良が加えられ、施術方法や効果が確立されています。
さて、では日本でのリンパマッサージの歴史はどのようなものでしょうか。
日本にも古来よりのマッサージ「按摩」がありますが、この按摩はリンパマッサージではなく、筋肉の緊張や凝りをほぐすのを目的に行われていたようです。
リンパマッサージの導入は西洋の文化が入ってきた明治時代以降のことであるようです。
しかしリンパマッサージが日本で深く浸透してきたのはここ10年ほどであると言われています。
最近ではリンパマッサージを取り扱っているエステサロンがどんどん増えてきており、また、自宅で手軽にできるマッサージとして関連書籍も多数発行されています。
今まさに日本でリンパマッサージが発展しようとしているところだといえます。
このように、日本ではヨーロッパ諸国に比べるとリンパマッサージの歴史はまだまだ浅いといえるでしょう。
そのためリンパマッサージについての間違った知識が一般に流布していたり、正しくない方法で施術するエステサロンなども少なくありません。
リンパマッサージは正しい方法で行わなければよい効果を得ることができません。
エステマッサージを自分で行う際にも、エステサロンなどで施術を受けるときにも自分自身が正しい知識を持って望むことが必要になってくるのではないでしょうか。

Comments