リンパマッサージを行う際のポイント

on

リンパマッサージは自宅で手軽に行うことができるマッサージです。方法さえ知っておけば、誰でも今すぐにでもはじめることができます。

しかし、間違った方法でマッサージを施すと、リンパの流れが逆流したり、お肌のトラブルを起こしてしまったりと、逆効果になってしまうこともあるのです。そのようなトラブルを起こさないためにも、以下のような注意点を守って正しいリンパマッサージを行うようにしましょう。

・リンパマッサージは1回10分リンパマッサージは基本的に一日1回、10分間行うようにしましょう。

肌の上をなでるだけのスキンケアとは違ってリンパに働きかけを行うのでどうしても通常のケアよりは時間がかかってしまいます。しかし、長時間やりすぎると肌に負担がかかったりすることがあるので、やりすぎは禁物です。1箇所あたり10分を心がけるようにしましょう。

・夜寝る前、お風呂上りにマッサージをリンパマッサージは夜、お風呂上りに行うのがベストなタイミングです。

美容効果だけではなくリラックスを促進させる効果も持っているので、夜、少し暗い部屋で行うのがよいでしょう。お風呂上りに行うと美容液やオイルなどの吸収もよくなります。

身体が温まっているとリンパの流れもよりよくなりますので、やはりお風呂上りに行いたいですね。頭皮のマッサージも同時に行うと安眠効果が得られるので、寝る前には少し行ってみるとよいでしょう。

もしも時間がなくてリンパマッサージを朝にやりたい場合にはやり過ぎないように注意が必要です。

・顔や手は清潔に保つお風呂上りにきれいな状態でリンパマッサージを行うのがベストですが、お風呂上りに行わないときにも顔と手を洗い、肌の状態を化粧水で整えてから行います。

髪の毛が肌にかかると肌によごれが付着してしまうのでピンやヘアバンドなどでとめておくとよいでしょう。

・マッサージゲルやオイル、クリームを使用してリンパマッサージをするときにジェルやオイル、クリームを使用することによって摩擦を減らして肌への負担を軽減できます。

マッサージを行う部分に薄くのばしてつけます。足りなくなってきた場合には少しずつ手のひらにとって付け足してください。

リンパマッサージに使用するジェルなどはすべりがよすぎるものだと加えた力が抜けてしまってリンパまで力がいきわたらないので、ややすべりが悪いと感じるくらいのものがよいかもしれません。

・マッサージ中の肌の色はピンク色マッサージを強く行っていると、肌の色が赤くなってしまうことがあります。

一部分だけ赤くなっているような状態だと、強くこすりすぎであるといえるでしょう。肌をいためたり、傷つけたりする原因になってしまうので注意が必要です。

肌の血行がよくなってピンク色に薄く色づく程度になるようにしましょう。この状態であればマッサージは十分に効果が出ていると考えられます。

鏡で肌の色を確認しながらマッサージを行うことをオススメします。

Comments