気になるおなかのマッサージ

on

おなか部分がぽっこりしていたり、ウエストラインに自信がない方も
リンパマッサージで悩みを解決できることがあります。
おなかの周りにはたくさんのリンパ節があり、それらのリンパ節では
老廃物を循環させたり小腸から吸収した栄養素を運搬したりする役割を持っています。
おなか部分のリンパ節の中でももっとも重要だと考えられているのが乳びそうです。
乳びそうはおへその指4本分上にあり、胸管につながっています。
この胸管は体中のリンパを集めて静脈へとリンパを送る役割を持ってるリンパの最終到達地点です。

すなわち、乳びそうの流れをよくすることによって体内の余分な栄養素が消費されやすくなり、
さらには老廃物を排出する効果があるといえるでしょう。
さらにはおなか周りのリンパの流れをよくすることによってセルライトやむくみを解消し、
ウエストをすっきりと見せることができるようになります。

・腹式呼吸でおなかのリンパを活性化
おなかの周辺にはたくさんのリンパ節が集まっており、
このリンパ節をひとつひとつマッサージしようと思うとかなり大変です。
たくさんのリンパ節をいっぺんに活性化させるために、腹式呼吸でおなか全体を動かしましょう。
マッサージを行う前に腹式呼吸を行うことでリンパを流す下準備ができます。
腹式呼吸のやり方は、息を吐きだします。
次におなかに手を当てておなかを膨らませることを意識し、息を吸い込んでいきます。
できるだけ息を沢山、限界まで吸い込んだら今度はおなかをゆっくりとへこましながら息を吐きます。
通常の呼吸(胸式呼吸)を行っているときは息を吸うとおなかがきゅーっと凹み、胸が膨らみます。
胸式呼吸との違いを意識してください。
そしてしっかりとこの腹式呼吸を行ってください。

・恥骨のマッサージ
恥骨付近にあるリンパ節を刺激すると、新陳代謝がよくなり、皮下脂肪が消費されやすくなります。
恥骨中央の上部分、その右、左の3点をぐっと押し込むようにして両手で押さえます。
皮下脂肪の溜まったおなかのぽっこりとした部分を綺麗に落とすことができます。

・わき腹を整えて理想のくびれに
わき腹に手のひらを当て、みぞおちに向かって脂肪を持ち上げるように押し流します。
手を当てる位置を最初はしたから、徐々に上方向にずらしながらマッサージを繰り返します。
次に、みぞおちから真下におへそを通って真下にマッサージし、恥骨まで押し流します。
乳びそうと、股関節にあるリンパ節へとセルライトや老廃物が流れ込むため、
ウエストがすっきりして見えるようになります。

・おなかのしつこいセルライトの解消
おへその周辺を指で押しながら探ってみてください。
脂肪の中にこりっとしたかたい部分が見つかりませんか?それがセルライトです。
このセルライトを解消するために、おへその中心部から円を描くようにして
少しずつマッサージを行いましょう。
くるくると指先で小さい円をえがき、大きく「の」の字を描くようにして少しずつ移動させていきます。
おなか全体を揉み解すようにして脂肪を恥骨まで押し流していきます。
セルライトの解消だけでなく、腸の動きも活性化するため便秘の解消にもなります。

About the author

Comments