年齢が出やすい首と手のマッサージ

on

年齢が最も出やすいパーツといえば、やはり首と手です。
いくらフェイスマッサージをしてお顔のケアをしても、首やハンドのトリートメントを怠ってしまったら、年齢がダイレクトに現れてしまうでしょう。
首や手は、むしろ顔以上にケアが必要なパーツと言えるのです。
年齢不詳の美肌を目指すために必要な首や手のお手入れ方法や、リンパマッサージを紹介していきましょう。

洗顔後、首やハンドのお手入れは顔と一緒に行う

洗顔後、コスメでフェイスケアをする際は、一緒に首やハンドまで化粧水クリームなど顔と同じケアをしてしまいましょう。
某美肌芸能人は首・デコルテまでが顔、お手入れも同じものをと言い切っていますし、首や手の皮膚も顔と同じように大変薄く乾燥しやすいので、同じくしっかりとした保湿ケアが必要なのです。
お風呂上がりなどは毛穴も開き、水分が蒸発して乾燥しやすい状態になっていますから、首やハンドも顔と同じように一刻も早いコスメでの保湿ケアが必要と言えるでしょう。

佐伯チズさん式の首のリンパマッサージ

首にはリンパ節と呼ばれる体の毒素を体外に排出するための重要な器官があります。
このリンパ節を効果的にマッサージして首を若々しく保つための、佐伯チズさん式の手法をご紹介します。
使うのは両手親指の腹です。
顎の中心に親指の腹を当て、フェイスラインを通って耳の後ろ、耳下腺まで滑らせるように押します。
次に手の4本の指全体で首の側面を上から肩のラインにかけて、リンパを流すように刺激しましょう。
そして、鎖骨の上のくぼみに4本の指をぐっと入れ込み、中心から外側に向けてプッシュしていきます。
最後に、脇の下のリンパ節をつまんで、集めた老廃物を流すように促します。
このような簡単なステップのリンパマッサージで、首の若返り・小顔効果などいくつもの効果を期待することができます。
首、耳下腺(耳の下)、鎖骨、脇の下には重要な大きなリンパ節がありますのでこうしたリンパ節を意識したマッサージをすると効率的にデトックスや、若返りを目指すことができるのです。

手のケアを怠らない

手はいつでも家事に炊事に、育児にと酷使されているパーツです。
仕事でキーボードを叩く時も、スマホでメールを送るときも酷使されているのでいつもクタクタに疲れています。
また顔と同じように、衣服で包まれることもなく、いつも空気に晒されているので乾燥しやすく、紫外線の影響も受けやすいのです。
手の専用タレント、いわゆる手タレの方は、化粧水と精製水をミックスしたスプレーを常に持ち歩いて、いつでも手に吹きかけて保湿のハンドケアをしているといいます。
惜しみなくたっぷりと回数多く保湿するために、精製水で割っているそうですから、ハンドケアはこまめさが必要と言えるでしょう。
また紫外線が当たりシミになりやすいパーツでもありますから、しっかりとサンスクリーンを塗って紫外線対策をすることも大事です。
夏でも炊事の際にはゴム手袋をするだけでも、手を乾燥から守り美しくキープすることができます。
また、手首にもリンパ節がありますので、腕をまっすぐ伸ばして手首を上下にストレッチするマッサージでリンパを刺激して、疲れを取ると同時に代謝の良い、キレイな手を作ることができます。

Comments